タクシとトウェイン気安い。

 

あくまでも「理論的には」ですが、あり得ないことではありません。私は三六○円もあり得るとは思いますが、円安は一ドル一○○円までは間違いないと思います。一ドル二○○円は、かなりの多くの関係者の一致した予測です。そして「そう見られている」「予測されている」となると、今度はそれが現実になるのです。実体経済と離れたマネーの市場は、心理がそのままダイレクトにマーケットに反映されてしまうからです。このまま日本が債務超過国に転落し、国際収支の赤字が拡大すると、まず国債価格が暴落し、同時に円も暴落します。一ドルが三五○円とか四○○円に向かうとき、円が本当に紙屑になります。それが国家破産です。円が一ドル三五○円とか四○○円という超円安になれば、それこそ大変なインフレーションが日本を遅い、国民経済はにさらされ、完全に破壊されてしまうことになるのです。ZIO第7章円の没落日本金融界の司令塔日銀が破産の危機に瀕している”その証拠として株価は下がっているなぜこんなに日本の国力が萱円が下がったのかその要因には、日銀の実体がだんだん海外にバレて、対外評価がガタ落ちしたこともあります。

しかし,助成事業によって老人クラブはその存在意義を社会一般に認められることになったと言うこともできる。つまり,高齢者が老人クラブに加入し様々な活動を行うことによって,健康を保持し孤独を解消することが社会的価値とされたのである。序章でも述べられていたように,個人が欲求をただ自由に主体的に追及するだけでなく,それが社会に認められる時に,「生きがい」は生じる。老人クラブ活動助成事業はまさに,高齢者個人に社会の側からの「生きがい」を提供することが目的であったと言えよう。健康な在宅高齢者のためのもう一つの「保護」的政策が,前述した老人福祉センターの国庫補助事業である。当時の厚生白書には「老人福祉センターは地域の老人に対して,生活相談,健康相談等各種の相談に応じるとともに教養の向上,レクリエーション,後退機能回復訓練,老人クラブの集会などのための便宜をはかる施設」であると説明されている(7)。

八0年代の日本経済と『経済白書』・八0年代になって臨時行政調査会が組織され「増税なき財政再建」の路線が採用されると、抑制的な財政政策が内外の不均衡拡大の原因のひとつとして作用するようになったが、『経済白書』は事態を正確に分析できなかっただけなく政府の政策の正当化に使われた。経常収支の黒字の拡大はもっぱらアメリカ側の政策の失敗によるとされ、日本の財政抑制にも一因があるという事実は無視された。また完全失業率の上昇は主としていわゆる構造的失業や労働市場のミスマッチによるもので、需要不足や失業の増大を意味しないとされた。八五年のプラザ合意を契機にドル高から円高への急激な転換が起こり、いわゆる円高不況が発生したのち内外の政治的圧力によって内需拡大が政府の政策として採用されると、『経済白書』もようやく内需の持続的拡大の必要を説くようになった。

また、八五年のブムと前後して不倫を特別視しない生活環境が急速に整いだしていることも見逃せない。マス・メディアが伝える不倫の体験談やノハウ、不倫のための場の情報やテレクラのような新たな不倫チャンスの提供にもつながるサビス業の出現は、不倫を「特別なもの」から「軽い刺激」へと変えていった。女性の結婚イコール幸せの幻想がくずれ、男性主導の性がくずれた第一歩として不倫の意味の変化をみることができよう。橋本敏子宮畠多国道太郎編『流行の風俗学』世界恩想社一九八七司プレス・コードアメリカでポリエチレン製に改帰国の際に日本でおこなわれたプラズマ研究所企造したものが売り出されて流行。不倫企五八年(昭和一二三)日本にも移入の膨夫な検閲資料を母校に持ちされ、一か月間で八万本の売O本学術会議の勧告にも帰る